札幌市白石区|小学生・中学生・高校生の英会話&高校進学指導「学習塾マックス」

マックス

011-856-3551※お電話でのお問い合わせ 月~土曜13:30~21:00

新着情報

2018.04.25 Wed

理科・社会の勉強方法

理科・社会の共通点といえば「覚える(暗記する)こと」です。「暗記ではなく、自分でしっかり考えることが重要」という人もいますが、それは知識を身につけるという前提があってこそだとおもいます。そこで、今回は理科・社会共通の勉強方法を確認していきます。

① 重要語句・用語を覚える

i ワークの一問一答や基本トレーニングを活用します。できなかった問題にはチェックを入れ、覚えるまでひたすら反復練習です。定期テストでは漢字指定の場合も多いので、書いて覚えることも大切です。

② 重要語句・用語を説明できるようにする

言葉だけ覚えても、それが何かわからなければ本当に理解したとはいえません。「一問一答の逆」で練習しましょう。その際、声に出すことと自分が誰かに教えるつもりで行うと効果的です。

③ 図表・グラフ・実験・観察の理解

特に理科の場合、テストの出題パターンはほぼ決まっています。実験・観察では道具・手順・結果をしっかり理解することが大切です。i ワークの他、授業プリントを活用しましょう。

④ 問題演習

わからない問題については手を止めずに、すぐに解答解説を熟読しましょう。i ワークを完璧になるまでくり返すだけで、かなりの高得点をのぞめます。

⑤ 教科書をすみずみまで読む

太字部分が重要なのはわかると思いますが、その前後の文章に注目してください。語句の説明や理由が書かれているからです。ということはテストの短文記述式対策にもなるわけです。

以上になりますが、①~⑤はいずれもできるまで(覚えるまで)繰り返すことが大切です。覚える内容も多いので毎日コツコツ続けていきましょう。  (T)

お問い合わせ・資料請求はこちら

011-856-3551

無料体験授業

資料請求

Copyright © 2016 MACS Inc. All Rights Reserved.