札幌市白石区|小学生・中学生・高校生の英会話&高校進学指導「学習塾マックス」

マックス

011-856-3551※お電話でのお問い合わせ 月~土曜13:30~21:00

新着情報

2017.08.03 Thu

英単語はダジャレで覚える      

英語を上達させる上で、最終的にものを言うのは語彙力。知らない英単語は100%会話の中で聞き取ることはできませんが、逆に英文を読むとき、そこに出てくる英単語の8割が理解できれば、何が書かれているのかなんとか理解できてしまうものです。自らのボキャブラリーを強化していくことは英語の学習を進めていく上で極めて重要であることは誰もが認める自明の理。ところが、同時にこの英単語を覚えるという作業は時間がかかる上、地道に繰り返す努力が求められるためにどうしても後回しにされがちです。

 

マックスの英語クラスでは3年前より、この厄介な英単語学習に積極的に取り組んでいます。授業開始10分から15分程度、イングリッシュマスターというオリジナルの単語帳を使って、“単語を正確に読む→日本語の意味をさっと頭に思い浮かべる”を繰り返しています。覚えにくい英単語は語呂合わせで楽しく覚えます。kindは“背中がかいんど!親切に背中をかいてくれる人”という風にダジャレで覚えます。ときには生徒からparentsは“両親はペアレンズのめがね”って覚えれば簡単!なんて提案もあったりします。

また嬉しいことに最近では、単語帳で覚えた単語にさまざまな実践的な学習場面で出会う機会も少しずつ増えてきました。この紙上で覚えた英単語に実際に使う場面で出くわす、このサイクルが英単語を定着させる最良の方法です。

 

2020年、現中学3年生が入試をむかえる年から大学の入試スタイルが変わります。英語では英検のような外部の検定試験が利用されます。その場合、準1級程度のハイレベルな語彙力は受験をとても優位にしてくれることがわかっています。従って一朝一夕にはいかない単語学習を将来を見据え、小学生のうちから積み重ねていくことにはとても意味があります。

単語を記憶する際に最も効果的なのは、短時間の学習を何度も繰り返すことですが、週1回15分程度のマックスでの単語学習では頻度が到底充分ではありません。単語をつづる必要はありません、とにかく正確に読んで意味を考えるだけで十分です。1日5分でかまいません、ご家庭でもお子様が英単語に触れる時間を持っていただけるようご協力をお願いします。そうすれば高校2年生を終える頃までに英検準1級レベルの語彙力を身につけることも決して夢ではありません。(安田)

お問い合わせ・資料請求はこちら

011-856-3551

無料体験授業

資料請求

Copyright © 2016 MACS Inc. All Rights Reserved.