札幌市白石区|小学生・中学生・高校生の英会話&高校進学指導「学習塾マックス」

マックス

011-856-3551※お電話でのお問い合わせ 月~土曜13:30~21:00

よくある質問

2016.01.30 Sat
中学生
英語
試験対策

M式 定期試験対策ドリルについて

M式と呼ばれるマックス独自の試験対策用演習テキストがあります。

学校の英語教科書のすべてのユニットに沿った、教科書をまるごとマスターするための演習テキストです。

試験前ともなると誰彼となく自然にM式演習がはじまります。

普段の授業はstudent centered を意識していますが、試験前だけは、素振り百回的な授業となります。

 

例えば、演習シートの一文

1stレベル
私が最初にるみに会ったとき、彼女はひとりで海岸に座っていました。
(w  ) I (f  )(m  ) Rumi , (s  )(w  )(s  )(a  )(o  )

the (s  ).

生徒たちは、文を暗記ではなく、主語、動詞、熟語に注意しながら声に出して、一定の時間内にすらすら英語で言えるまで練習します。

 

2ndレベル
私が最初にるみに会ったとき、彼女はひとりで海岸に座っていました。
(  ) I (  )(  ) Rumi , (  )(  )(  )(  )(  ) the
(  ).

2ndレベルでは頭文字のヒントがなくなります。1stレベル同様に時間内にすらすら言えるようになるまで練習します。

 

生徒どうしてチェックすることもあります。
1stレベル、2ndレベルとも一回チェックするたびに先生が確認スタンプを押していきます。試験前になると演習シートがスタンプで真っ赤になる生徒もいます。

スタンプの量=テストの成果、のように考えている生徒もいます。

2ndレベルですらすら言えるようになったらwriting の練習に入ります。
この段階では生徒はまだスペルの細かなミスをしますが、気にしません!言いながら何度も書く事で正確なつづりをマスターしていきます。

M式の完成度が高いと定期テストでも比較的に高い点数を獲得できます。

 

お問い合わせ・資料請求はこちら

011-856-3551

無料体験授業

資料請求

Copyright © 2016 MACS Inc. All Rights Reserved.