英語力をアップする秘密の力! “アコースティックイメージ”を鍛える!!

Q.アコスティックイメージとは?

音を繰り返す力です。

アコスティックイメージ(聴覚像)は日本語で考えると分かり易いのですが、我々日本人は相手の話す日本語をある程度、頭の中に音として残しておくことができます(と言うか、残ってしまいます)。しようと思えば聞こえてくる言葉を復唱することもできるでしょう。この能力がアコスティックイメージ(聴覚像)です。小学生のうちから音声指導を中心とする英語の学習を継続するとアコスティックイメージ(聴覚像)と言う強い身方が身についてきています。第2外国語としての聴覚像は一朝一夕にできあがるものではありません。しかし、一旦できてくると英語を覚える時間がとても早くなります。また、聴覚像は学習を始める年齢が早ければ早い方ができやすいことも言われています。学習の効率、負担の面で、聴覚像があるのとないのとでは大きな差がでます。
Q.アコスティックイメージは どうすれば鍛えられます?

音声指導を楽しく繰り返すことです。

TPRやフォニックスなど音声指導を中心に授業を組み立てます。エイケンゲッターには様々な音声ドリルが盛り込まれていますので、楽しく繰り返し練習ができるます。